女性のための仕事の探し方って?

男女雇用機会均等法の導入など、社会全体で女性が活躍できる環境を作ろうという動きが盛んになってきています。 働きたい!という女性の意思に対して、今までにないほど応えてくれる場所がたくさんあります。 なぜそうなってきているのか、ちょっと確認してみましょう。

求人情報の探し方

仕事の情報は様々な媒体に掲載されています。 求人情報誌、求人サイト、ハローワークなどなど、多すぎて迷ってしまいますよね。 せっかくの仕事ですから、できるだけ自分に合った情報を探したいもの。 いわゆる「ブラック企業」に入ってしまわないためにも、求人情報の探し方はしっかり確認しておきましょう。

求人広告でのブラック企業の見分け方

ブラック企業とは、一般的に残業が限度を超えて多かったり、上司によるパワハラが横行しているなど、社員を追い込んだり使い潰す環境の職場を指します。 入ってしまってから「しまった!」とならないために、求人広告の時点でのブラック企業の特徴を紹介します。

女性を求める企業が増えている

仕事を探していく中で出会う求人情報にはさまざまな条件が掲載されています。
時給、勤務時間、有給日数、職場の雰囲気。
自分にぴったりの求人を見つけられたら、と誰もが思うことでしょう。
女性の場合、その先の人生設計のためにも、男性よりも多くのことを考えて就職先を決めなければならない場合もあります。

結婚、出産後も働きやすい職場がいいな。
子供が小さいから、柔軟に出勤時間を対応してほしい。
バリバリ仕事ができて、努力次第で幹部になれるところがいい。

女性特有のこういった希望を叶えてくれる職場も数多く登場しています。
かつての日本では、男は外で働いてお金を稼ぎ、女は家庭を守って子育てをするべきという風潮が浸透していました。
女性は結婚したら退職するものであり、求人数自体がとても少なく、仕事内容もお茶汲みやコピー取りといった単純作業ばかりでした。
ですが、女性が重要な労働力とみなされるようになり、「ウーマノミクス」といった言葉が登場するなど、女性の社会進出が社会的な重要事項となっています。
国が女性が働きやすくするための法律を整備したり、「育休・産休後の職場復帰」といった言葉をひっきりなしにニュースで見かけるほどです。

ですが、女性の活躍が期待されている分、求人数が大幅に増加し、自分に合った求人を見つけるのが難しくなっている部分もあります。
ここでは、仕事を探している女性がぴったりの求人を見つけるためのコツを紹介しています。